HOME>オススメ情報>中国製品を格安で輸入して日本国内で販売する

本業以外の収入源

握手

国の働き方改革や産業構造の変化などで、副業に興味を持つ方が増えています。給料があがりにくいご時世で、本業以外の収入源として今注目されているのが中国輸入ビジネスなのです。中国輸入ビジネスは中国製品を格安で輸入して、日本国内で販売して利益を得るというシンプルなビジネスで非常に人気があります。インターネットの発達でアマゾンや楽天などのネットモールやメルカリ等のフリマアプリを使ってどなたでも行うことができます。しかし問題は中国から商品を輸入するときに中国の業者と交渉する必要があるのですが、中国語ができないと相手とやりとりすることができないことです。そこで中国輸入ビジネスを行う方は、中国輸入代行サービスを使うのが一般的です。

アパレルや雑貨やアクセサリーなどが人気

握手

中国から商品を輸入するには中国サイトのタオバオやアリババから商品を購入するのですが、中国輸入代行サービスは、お客様が輸入したい商品を指定して注文すれば、代行サービスが代わって輸入してくれます。お客様は代行サービスが提示した見積に納得して決済すると商品を買い付けしてくれます。それから商品が届いたら送料の見積もりを行い、決済するとお客様の指定発送先に送ってくれます。中国製品はアパレル、雑貨、アクセサリー、スマホケースなど様々な商品が人気があります。

検品や写真撮影も行ってくれる

会議

中国輸入代行サービスを利用するなら、信頼できる実績ある業者がおすすめです。実績ある中国輸入代行サービスでは、商品の写真撮影やロゴマークを入れるなども行うことができます。また無料で簡単な検品も行ってくれます。それからオプションで袋の入れ替えやネームを入れたり、札の取り外しや梱包なども行うことができます。また中国輸入代行サービスの決済方法は、銀行振り込みかペイパルでの決済が基本になります。クレジットカードは利用できませんが、ペイパルに登録している方はペイパル経由で利用できます。

広告募集中